辞めた理由

転職と独立のどちらでも選択できる生き方

入社時に説明のあった雇用条件とはまるで違う対応

私が入社したのは地元の菓子製造会社。それほど歴史があるわけではありませんが、
その地方ではそこそこ有名で、お土産などにもよく利用される洋菓子が得意な会社です。


文系の大学を卒業しUターンで就職を探していた私に、
その会社の経営者と仲良しの叔父が就職をすすめてくれました。


入社面接の日、私に求める職種は営業職。
理系ではなくまた洋菓子を作った経験も全くない私にはぴったりの仕事です。


基本給以外に残業代、週休2日ではないけれどシフトで全員がバランスよく月6日~8日の休日。
ボーナスは業績によるけれども年間3か月以上。それが私に提示された条件でした。


入社日から研修と称して菓子作りの現場に。
ベテランの職人さんの手伝いをして怒鳴られる毎日。
れでも営業をするためには必要な経験と思い、不満を顔に出さないように生産現場に入り、
洋菓子作りの基本を体験して営業に出るようになりました。


数日たち、数か月経つと営業にも会社にも慣れてきましたが、
それに比例して舞い込んでくる仕事の量が半端ではありません。


それが自身の営業関係の仕事であれば文句も言えませんが、
他人が頼まれた仕事まで舞い込むようになりました。


急な配達、パートさんが休んだ時の生産現場、
夜勤当番…新入社員の定めかと思い、全て受け入れ業務をこなしました。
当然、早朝から夜中まで働き、ひどいときは休日もありません。
それでも若い私は倒れることもなく仕事に取組みました。


仕事量の強弱はあるにせよそんな日々が続いて気がつけば3年目。
我慢に我慢を重ねてきましたが退職届けを出すことにしました。


基本給以外に残業代、月6日~8日の休日、ボーナス3か月分以上…全て履行されたこともなく、
嘘っぱちの雇用条件に我慢ができずに辞める決意を固めました。


タイムカードがない為、残業代が減らされていても証明する根拠もなく、
休日は会社のみんなが取得できていないのだからと言われ、
会社の業績が悪いからボーナスはカット…うまく理由をつけられて働かされ続けていたのですから。

サービス残業や休日出勤も止む無し!仕事のプレッシャーに押しつぶされた

私は一部上場の製造業に新卒として採用されました。
入社当時は座学研修がメインであり定時に帰宅出来ていました
帰宅後に持ち帰る仕事もほとんどなく、土日もオンとオフがはっきりとしていました。


3ヶ月の座学研修終了後、現場を学ぶということで製造部への異動となりました。
製造部では2,3週間を1サイクルとして様々な加工機を経験しました。


ここまでの約1年間は習慣報告が辛いと感じるだけでなんとか続けていけると感じました。
しかし、正式な所属となる設計部に配属されると事態は一変しました。


勤務開始時間の1時間前に来るのを暗に要求され(もちろん、残業も付かず)
帰りも22時過ぎが当たり前(これも残業付かず)しかも職場は山奥にあるため、
毎日睡魔と闘いながら車で峠を越えの通勤でした。


何度か居眠り運転をし、事故を起こしかけたこともあります。
精神的な負担としては、設計ミスをしたらその理由を色々と問いただされる点です。


同じ過ちを起こさないのは大切だと思いますが、その理由付けを人格批判にまでおよびました。
そして、改善策の思考や作成はサービス残業や土日で行うように強要されました。


そのため、土日でもオンとオフの境目がなくなり、精神的に張り詰めた状態が続きました。
このまま続けたら、体調を崩すかなと思い始めたころに同じ部署の先輩が自殺をしました。


その先輩も私と同じように他部署からの配置転換で異動された方でした。
私と同じような境遇であったのでいずれ私もこうなるのではと思い、退職することを決意しました。

新感覚の転職マッチングアプリでお気楽転職

就転職にお勧めの資格やスキル