早く仕事を決めたい

転職と独立のどちらでも選択できる生き方

早く仕事を決めたい方のお勧め転職活動方法

量は質へと転化する!
そう信じてひたすら書類応募や面接の数をこなすことが
早く仕事を決めるための秘訣と、私の今までの経験上で自信を持ってお伝えします。


なんだそんなことかと、気を落とす必要はありません。最上級の秘訣です。


自分なりに必死で就活している、そう思っていらっしゃるかもしれません。
しかし、あなたのその必死の基準値は、人と比べていかがなものでしょうか。


これからお話することは、このサイトの中で私が一番皆様にお伝えしたいことです。


このサイトでは他にも様々な情報のページを含みますが、
仕事を早く決めたいと必死の皆様はこのページだけを読んで、この通りに行動してみて下さい。
それだけで良いです。他のページは読まないで下さい。


「期限を決めて、何がなんでも正社員への内定を出すという覚悟」
この心構え、すなわち覚悟を決めるだけで仕事は早く決まります。
おのずと内定は出るものだと信じて行動することが大切です。


そんなことで決まるなら苦労はしない。自分が知りたいのは
応募書類の通過方法、あるいは面接官の心をつかむセリフだ!
そんな上辺だけの小手先のテクニックを使って自分を大きく見せても、相手には伝わります。
そう上手く嘘をつき通せるほど、面接官の彼らも甘くはありません。
今までのあなたで勝負して下さい。


量から質への転化。


例えば、話を解かりやすくするため、極端なことを申しますと
1か月で1社しか応募していない人と、30社応募している人。


彼らは転職活動をしているという意味においては、同じことをしています。
どちらも同じ職能だとすると、応募数の多い人の方が早く決まる確率が高まるのはお分かり頂けるとおもいます。


この行動量の基準値を上げるのです。
特に効果が顕著に現れ出すのは面接です。
自己紹介などはもはや無意識で話せるようになってさえくるでしょう。
場数をこなすだけで質が上がるのが面接です。


覚悟が決まれば、あなたの態度や言葉で、相手を魅了するだけの不思議な力が湧きます。


1か月で決めなければならないとします
どれくらいの行動を持ってして就活するかを、ここにシミュレーションします。
数多く転職活動をしてきた私。私なら以下の行動を取ります。



1.ハローワーク求人から1週間以内に5社応募
※何がなんでも5社応募します。
 そして次の週もまた新たに5社応募します。


2.転職エージェントへWebエントリー
※大手、中小問わず数多くのエージェントに対し、履歴書・職務経歴書を添付して応募します。
 数の基準はありませんが、もし登録していないエージェントがあるなら、エントリーをお勧めします。


※お勧めの大手転職エージェント


※若年者専門の転職エージェント


※話題のSNS転職
Switch. 


3.転職サイトのWebエントリーで直接応募
※1週間で5社を目安にエントリー
 エージェントを介するよりも早いです。
※お勧めの大手転職サイト


4.新聞の求人欄および折込チラシから応募
Webでは掲載されていない企業も発見できます。
昨今はWeb応募に偏りがちですが、思いもよらぬ企業との出会いもございます。


5.友人や親戚に就活中であることを伝える
※口コミで宣伝して回るのも立派な就活。
 人の紹介によって就職先が決まる人も
 世間一般的に割合も高いのです。
 学生時代よりもこの傾向は更に高まると
 私は考えてます。



目安として1か月の内に応募する企業数は
30~40社と考えての行動をお勧めします。

就活に専念する必要性がございますが、
1か月で決める覚悟があるなら、
できない行動量ではないと思います。

仕事を決めたいとお考えでしたら
ぜひ参考にしてみて下さい。

新感覚の転職マッチングアプリでお気楽転職

就転職にお勧めの資格やスキル